お金借りるならどこ

お金借りるならどこがおすすめ?

お金借りるならどこがおすすめなのか悩んでいますか?

 

審査に自信があって、急いでいないなら銀行カードローンがおすすめです。
消費者金融系のローンより金利が安いですからねー

 

ただし銀行カードローンは、口座開設ありが基本です。
口座なしで利用できるのは、三菱東京UFJ銀行のカードローン『バンクイック』か、三井住友銀行のカードローンです。
あとは口座開設が必要ですが大手の銀行、みずほ銀行のカードローンがおすすめですよ。

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイックに申し込む

 

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンに申し込む

 

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンに申し込む

 

時間がない、審査に自信がない…という方には、消費者金融系カードローンのほうがおすすめですね。
消費者金融なら口座なしなので、カードを無人機で発行してもらうか、自分の銀行口座に振り込んでもらえばすぐにお金を使えます。

 

『お金借りるならどこだろう?』と思ったら、まずは消費者金融のほうがいいですよ。
消費者金融ならスマホからの申し込みできて、来店不要で契約が可能です。

 

銀行とちがってバイトや派遣社員の人でも多く借りています。
スマホから審査してもらいやすいというのも、利用者が多い理由ですね。

 

とくにおすすめはプロミスです。

 

お金借りるならどこ

 

プロミスは30日間利息なしでお得ですし(※無利息についてはプロミス公式サイトで)、カードなしで借り入れできるので、カードを落としたり誰かに見られたりすることがありません。
明細もネットで確認するので、家に送付されることがなく秘密で借りる場合も安心ですよ(*^0^*)

 

30日間無利息!(詳しくは公式サイトへ)

プロミスに申し込む

 

 

お金を借りるならどこ?最新ランキング

プロミス

プロミスの特徴

  • 最短1時間融資
  • 30日間無利息(詳しくは公式サイトで)
  • バイト・派遣・パートOK
  • 専業主婦は不可

 

お金借りるならどこ今すぐクリック
プロミスに申し込む

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックの特徴

  • 口座なしで借りれる銀行カードローン
  • 最短即日融資可能、テレビ窓口で当日カード発行
  • 返済月額1,000円から
  • ATM利用手数料無料
  • 夜間・土日も借りられる
  • 1,000円単位で借り入れ可能

 

お金借りるならどこ今すぐクリック
バンクイックに申し込む

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴

  • 口座があれば最短即日利用可能
  • キャッシュカード一体型のカードローン
  • 利用限度額最高1,000万円
  • WEB完結が可能。来店・郵送不要

 

お金借りるならどこ今すぐクリック
みずほ銀行カードローンに申し込む

 

モビット

モビットの特徴

  • 三井住友銀行グループのモビット
  • 最短即日利用が可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降)
  • 『WEB完結』なら電話連絡なし・郵送物なし・契約はネットでOK
  • HPで申し込み後フリーダイヤルに電話すればすぐに審査開始

 

お金借りるならどこ今すぐクリック
モビットに申し込む

 

【番外編】 総合ランキング

お金を借りれるおすすめランキングは1位から5位までが最新です。
その他のキャッシング会社・銀行の情報は下記のリンクからご覧ください。

 

お金借りるならどこ今すぐクリック
お金借りるランキング【総合編】

 

 

おかね借りるならどこ? 選び方五箇条

お金借りるならどこ 急いでいる時は消費者金融系カードローン

 

お金借りるならどこ 消費者金融より金利が安いのは銀行カードローン

 

お金借りるならどこ 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックと、三井住友銀行カードローンなら口座開設なしで契約できる

 

お金借りるならどこ 消費者金融系ローンならプロミスが1番おすめ

 

お金借りるならどこ 複数に申し込むのは可能だが、3社までにしておく

 

お金借りるオススメランキング

 

カードローンやキャッシングの具体的な審査内容

報告した内容が正しいものか

 

カードローンをはじめとした融資を受ける際には、審査によって様々な情報が確認されることになります。どのような職業に就いており、収入をどれだけ得ることができているのか、今までカードローンのほかにどのような融資を利用してきたか、そしてその返済状況がどうであったか、あるいは現在融資の返済を行っているのかなどのような多岐にわたる確認を行われるものです。

 

その確認された内容に応じて、融資を利用することができるかどうかが決定することになるのですが、ときにその内容に虚偽の報告を行ってしまう人がいるということが、問題視されることがあります。審査内容によって、融資を利用することができるのかどうかを確認することはもちろん、その報告内容に虚偽がないかを確認することも、金融機関の重要な役割となっています。

 

代表的な例としては、職業や年収を報告する際に、一定以上の金額の報告をする場合には、源泉徴収票などのようなその収入を証明するための資料を提出することが必要になります。そうした具体的な資料を提出することによって、報告に虚偽がないということを証明することができるようになるのです。

 

今までの金融機関の利用状況に関しても、多くの金融機関が共有している情報である信用情報という形で、今まで金融機関による融資を利用してきた人の情報を確認することが可能になっています。そのため虚偽の報告を行っている人のことはすぐにわかるようになっています。

 

少しでも自分をよく見せたいと思う人は多いですが、虚偽の報告をしてしまうと、その時点で融資を受けることがかなわなくなってしまうこともあるため、正しい報告をすることが必要になります。

 

どういった人が審査では有利か

カードローンを利用するうえで審査が行われるのは、人によって融資を利用しやすい人、利用しにくい人が存在しているからにほかなりません。

 

審査内容の細部に関しては、金融機関によって様々な条件が定められているため、ある金融機関では審査が通らなかったものの、他のところで提供している融資を利用することができたというような事例も数多く存在しているのです。

 

どういった人が審査では有利になるのかを知ることによって、より自分が良い条件でカードローンを利用していくことができる方法がわかってきます。

 

審査で有利になる人の条件としては、まず職業が重要なことになります。

 

これは収入に関してもそうですが、安定して収益を得ることができる人がより有利な条件で融資を利用することができるようになっています。

 

たとえば公務員や大企業の社員などというと、カードローンを利用していくうえではたいへん高い評価を得ることができ、反対に自営業などでは、どれだけ収入があったとしても、公務員など程高い評価を得ることができる例は稀なものとなります。

 

収入とともに重要視されるのが、今までのカードローンなどの利用状況です。今までの利用状況は信用情報という形で、金融機関同士で共有されているものです。

 

この信用情報で返済を問題なく終えることができているということを証明するのは大変重要なことになります。

 

そのためまったく融資を利用したことがない人よりも、頻繁にカードローンなどを利用し、その都度問題なく返済を行うことができている人が、最も高い評価を得ることができるようになっています。

 

お金借りるオススメランキング

 

↑ PAGE TOP